5S活動で最重要な三定管理とは-スライド2

5S活動で最重要な三定管理とは

USBキャンペーン

5S活動で最重要な三定管理とは何か?整頓における定義を解説

三定管理とは

あなたの会社、職場では、5S活動を行なっていますか?
5S活動では、どんな取り組みに力を入れていますか?

5S活動においては、赤札作戦や一斉清掃など、さまざまな取り組みが行われておりますが、中でも最重要と言われているものが、「三定管理」です。

三定管理とは、三つの「定」を明確にした物の置き方をすることで、物の置き場が乱れない状態をつくり維持するための管理の仕方です。

5S活動で最重要な三定管理とは-スライド1

三つの「定」とは、
「何が」を表す「定品」
「どこに」を表す「定位」
「いくつ」を表す「定量」
を表します。これらの先頭の「定」の字を取って三定管理と呼ばれています。

5S活動と言ったら「三定管理」と言われるほど重要なポイントですので、頭に入れておきましょう。

物の置き場を見た時、三定が明確になっていなければ、「物がない」のかすら判別できません。
元々必要な物が準備されていないのか、本来は置いてあるはずのものが今現在使用中で無いのかが分からないと、考えるムダ、探すムダ、聞くムダなど様々な無駄につながってしまいます。

つまり、三定があってはじめて、異常な状態に気付くことができるのです。
作業では「標準」がないと、良いのか悪いのかが分からないのと同じで、物の置き方でも、三定という「標準」が必要だということですね。

ちなみに真ん中の写真は、工具の姿の形状にくり抜いて、三定管理をしている事例です。
「姿置き」と呼ばれ、三定管理の具体的な手段の1つです。

姿置きにより、何がどこに何個置いてある状態が正常なのか、誰でも分かるようになり、作業効率の向上に繋がります。

三定管理の代表例“姿置き”の事例

この写真は、工具台車や工具掛けの姿置きの事例です。

左の写真の工具台車のように、型をくり抜いておくことで、もとの場所に戻さなければ入らない、あるいは隙間が出来るといった方法があります。
また、右の写真の工具掛けのように、工具の形を表示しておき、同じ形の場所に戻すといった方法もあります。

このような状態で現場に物が置かれていたら、見ただけですぐに必要な物が取り出せるので、作業効率の向上はもちろん、イライラせずに仕事ができるというメリットもありますね。
自分の職場でこのような姿置きを活用できないか、検討してみてください。

5S活動で最重要な三定管理とは-スライド2

なお、どの方法で姿置きを行なうかは、作業内容や使用頻度、レイアウト等によっても変わってきます。
「必ずこの方法でなければならない」というものはありませんので、自職場に合う方法を考えて選定することが大切です。

繰り返しになりますが、これらの工具台車・工具掛けの姿置きにより、「工具の紛失にすぐに気付く」「間違った場所に置いた時にすぐに気付く」といった効果があります。
ただし、あくまで姿置きは「迷いや間違いを無くし、効率を高める手段である」ことを忘れないように注意をしましょう。

よくある失敗事例は、形にこだわり過ぎてしまうことです。
例えば、作業の中で高頻度で使用するにも関わらず、少し離れた工具掛けに毎回置くというルールを作ってしまったらどうなるでしょうか?

誰も守らなくなってしまい、余計に置き場が乱れてしまいますよね。

従って、無理なルールをつくってしまい、結局誰もルールを守らなくなるようなやり方だけは避けなければいけません。
手段が目的とならないよう、作業性の変化や効果の検証を忘れないようにすることが大切です。

三定管理は探すムダ、教えるムダを削減する

最後に、この写真を見てください。

あなたの職場の工具台車は、このような状態になってはいませんか?

この状態では、たとえベテランだとしても、間違いなく探すムダは発生してしまいますよね。
いつも置き場が違うため、イチイチ探す時間が出てしまうと、ムダな時間が発生してしまうのはもちろん、気持ちの面でも悪い影響が現れます。
忙しい時には、イライラしてくるのです。
「イライラ」は、職場の雰囲気の悪化、人間関係のギクシャク、ミスの誘発等、様々なリスクに繋がります。

5S活動で最重要な三定管理とは-スライド3

そして、新人に対しても、これはスパナ、これはメガネレンチ、といったように、イチイチ全ての工具名を教えなければいけなくなります。
いくらOJTが大事とは言え、本来見れば分かるような単純なことをベテランが1つ1つ教える時間は、ムダの1つと認識しなければなりません。

名称などの単純なことはパッと見てすぐに分かるようにしておき、その他ベテランの人でなければ教えられないことに時間を使っていきたいものです。
例えば、勘コツ等の技能に関する部分に対する教育訓練に時間を使うことができれば、会社の将来のための時間に代わっていきます。
三定管理は、教育訓練の視点から見ても非常に重要であることを、特に管理者・監督者は認識をしておくことが大切です。

いかがでしたか?たかが三定管理、されど三定管理。
5S活動をこれから本格的に進めようとしている会社はもちろん、長年活動しているけれどもマンネリ化してしまっている会社では、今一度この三定管理をこだわりを持って徹底的に行なってみてください。

三定管理のレベルは、5S活動のレベルに等しい、もしくは現場力のレベルに等しいと言っても過言ではありません。
工場の中に入った瞬間、「あ、この現場は生産性が高いな」と感じる会社では、ほぼ100%この三定管理が定着しています。
あなたの会社でも是非こだわりを持った三定管理を推進してみてください。

会員限定!PDF資料ダウンロード

コンテンツ利用規約に同意してダウンロードする。無料一般会員の方はココにダウンロードボタンが表示されます。

カイゼンベースの法人向けサービス

 

カイゼンベース運営事務局について

2015年に活動をスタートしたカイゼンベース。
カイゼンベース運営事務局は、WEBサイトのコンテンツや記事の管理、メルマガ配信等、サイト運営業務を行なっています。世界一のカイゼン情報サイトを目指し、日々コンテンツ・記事の拡充やブラッシュアップを行なっています。
こんなコンテンツや記事が見たい!そんなご要望がございましたら、何でもお申し付けください!

カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG