改善全般/生産/物流

整頓(2S)のポイント(後編)【生産革新の為の5S活動基礎講座:第5章】

ロケーション管理、あるべき姿カード、立て看板等を活用した置き場管理、先入れ先出し、発注かんばん、色別管理等、整頓を進めていく上でのポイントについて解説しています。

◆カイゼン講座:生産革新の為の5S活動基礎講座◆

5S活動は、見た目を良くするだけの活動でもありません。
5S活動の本質は、社員の「考え方」や「行動の質」を変え、それによりモノ・設備・業務進捗・情報などの管理レベルの基礎を向上させようとするものです。
長い間5S活動を行なってきた企業の皆さんは「振り返り・再認識のため」に、これから5S活動に力を入れようとしている企業の皆さんは「正しい方向に向かって活動を進めていくため」に学習を進めていきましょう。

第1章:5S活動の目的
第2章:5Sの定義について
第3章:5Sの効果について
第4章:整理(1S)のポイント ※無料会員限定
第5章:整頓(2S)のポイント~前編~ ※無料会員限定
第5章:整頓(2S)のポイント~後編~ ※法人会員限定 ⇒ このページはココ
第6章:清掃(3S)のポイント ※法人会員限定
第7章:清潔(4S)のポイント ※法人会員限定
第8章:躾(5S)のポイント ※法人会員限定

カイゼンベース(イラスト)

カイゼンベースの無料会員登録

動画講義

法人会員になると、ココに動画が表示されます。


5.ロケーション管理の基本

ロケーション管理とは

まずは、ロケーション管理の基本について説明します。

ロケーション管理とは、ロケーション(平置き、ラック等)を利用し、商品・部品・材料等を管理することを言います。

ロケーション管理のポイントとしては、まずは、エリア表示です。例えば、仕掛置き場、部品保管場、資材置き場、といったような表示を行ない、ここは何を置く場所かを明確にします。

そして、所表示です。例えば、A棚、A列、B-C柱、といったような表示を行ないます。

そして、番地表示です。例えば、1-2、3-A、B-2、といったような表示を行ないます。

所表示と番地表示で、「所番地表示」とも呼びます。

そして、現品表示です。
品名や品番、基準在庫数等を表示することで、そこに置かれたモノが何であるか、何個置かれているのが正常か、その表示を見るだけで分かるようにします。

この4つの表示があることがロケーション管理の必要条件となります。

保管棚のロケーション管理の例

ページの続きを閲覧するには、法人会員登録が必要です。

法人向けサービス:カイゼンベースPlusで、カイゼン講座の全章を学習できます。

「分かり易い内容」「集合研修に最適」「お求め安い価格」と評判!3つのプランからお選び頂けます。

カイゼンベースPlus 法人会員プラン
カイゼンベースPlus コンテンツ個別購入
カイゼンベースPlus 講師派遣

詳細はこちら

関連記事

  1. 3定管理とは

    【教育資料ダウンロード】生産革新の為の5Sの基礎講座

  2. 第7章:清潔(4S)のポイント

    清潔(4S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第7章】

  3. 第1章:5S活動の目的

    生産革新の為の5S活動基礎講座【講座ナビ】

  4. 第1章:5S活動の目的

    5S活動の目的【生産革新の為の5S活動基礎講座:第1章】

  5. 第2章:5Sの定義について

    5Sの定義について【生産革新の為の5S活動基礎講座:第2章】

  6. 第8章:躾(5S)のポイント

    躾(5S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第8章】

会員情報

カイゼンベースの無料会員登録

ログイン


カテゴリー

提携コンサルタント募集

カイゼンベースの公開セミナー情報

カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス





PAGE TOP

実務で使えるツール集

【メルマガ】2018年8月28日号:QC7つ道具学習の決定版!新作リリース

メルマガ

品質/統計/安全/環境

実務で活用!QC7つ道具の使い方【講座ナビ】

第1章:QC7つ道具とは

品質/統計/安全/環境

管理図とは【実務で活用!QC7つ道具の使い方:第8章】

第8章:管理図とは

品質/統計/安全/環境

チェックシートとは【実務で活用!QC7つ道具の使い方:第7章】

第7章:チェックシートとは

品質/統計/安全/環境

散布図とは【実務で活用!QC7つ道具の使い方:第6章】

第6章:散布図とは