生産革新の為の5S活動基礎講座

整頓(2S)のポイント(前編)【生産革新の為の5S活動基礎講座:第5章】

法人会員プランバナー

整頓の定義を確認し、整頓を進めていく上でのポイントについて学習します。特に5S活動の中で最重要である3定管理について詳しく解説しています。

第5章:整頓(2S)のポイント(前編)

◆カイゼン講座:生産革新の為の5S活動基礎講座◆

5S活動は、ただの形式的な活動ではありません。
また、見た目を良くするだけの活動でもありません。

5S活動の本質は、社員の「考え方」や「行動の質」を変え、それによりモノ・設備・業務進捗・情報などの管理レベルの基礎を向上させようとするものです。
それを今一度しっかりと認識することにポイントを置いた講義となっています。

長い間5S活動を行なってきた企業の皆さんは「振り返り・再認識のため」に、これから5S活動に力を入れようとしている企業の皆さんは「正しい方向に向かって活動を進めていくため」に、是非ご覧ください。

第1章:5S活動の目的
第2章:5Sの定義について
第3章:5Sの効果について
第4章:整理(1S)のポイント
第5章:整頓(2S)のポイント~前編~ ⇒ このページはココ
第5章:整頓(2S)のポイント~後編~ ※無料一般会員限定
第6章:清掃(3S)のポイント ※無料一般会員限定
第7章:清潔(4S)のポイント ※法人会員限定
第8章:躾(5S)のポイント ※法人会員限定

カイゼンベース(イラスト)

動画講義

1.整頓(2S)の定義とポイント

確実に覚えよう!第5章:整頓(2S)のポイント(前編)-スライド5

では始めに、整頓の定義とポイントについて説明していきます。

整頓の定義は、もう覚えましたか?
聞かれたらすぐに答えられるように完璧に覚えましょう。

整頓とは、必要なモノを、必要な時に、誰でも使えるようにすることです。

整頓が進んでいない職場でよく出てくるNG発言があります。それは、

  • 自分はどこに何があるか把握しているから、これ以上の整頓は不要だという発言。
  • 作業者によって必要なモノが異なるので、整頓なんて出来ないという発言。
  • この散らかっている状態は一時的なものだから、問題ないという発言。

これらは、単なる言い訳にしか過ぎません。
整頓を進める上では、「新人でも誰でも探さず・迷わず使えるような状態をつくる」ことを目指さなければなりません。

そして、その方法の代表例が「3定管理」です。

2.3定管理とは

5S活動と言ったら「2S3定」第5章:整頓(2S)のポイント(前編)-スライド7

それでは、5Sにおいて最重要である、「3定管理とは」何か確認します。

3定管理とは、「何が」を表す定品、「どこに」を表す定位、「いくつ」を表す定量、の“3つの定”を取った管理方法です。

モノの置き場は、3定がしっかりとあってはじめて「異常状態に気付く」ことが可能になります。

5S活動と言ったら「2S3定」と言われるほど重要なポイントです。
確実に覚えるようにしましょう。

真ん中の写真は、工具の姿の形状にくり抜いて、3定管理している例です。姿置きとも呼びます。
このように、何がどこに何個置いてある状態が正常なのか、3定により誰でも分かるようになるのです。

3.3定管理の必要性を体験しよう

分かりますか?第5章:整頓(2S)のポイント(前編)-スライド9

ではここで、3定管理の必要性を体験してみましょう。

それでは、ここから「コンビネーションプライヤー」を選んでください。

・・・

どうですか?選ぶことが出来ましたか?

ほとんどの方は分からなかったと思います。
この状態では、経験が少ない人だと分からないのです。

これだと直ぐに見つけれる!第5章:整頓(2S)のポイント(前編)-スライド10

では、このように、工具名が表示されている場合はいかがでしょうか。

直ぐに見つけることができますね!
このようにその物が何かをしっかりと表示すれば、新人でも誰でもすぐに必要なものを選ぶことができるのです。
これが表示を行なわなければいけない理由の1つです。

どこに戻せばよいでしょうか?第5章:整頓(2S)のポイント(前編)-スライド11

では、更にもう1つ。

手元に、6個の工具を持っており、保管場所に返さなければいけません。
さて、どこに戻せばよいでしょうか?
5秒間考えてください。

・・・

このケースでも、経験が少なかったり、知識を持っていないと、正しい場所に返すことが出来ません。
「どこに返せばよいのだろう。」と考えている時間も、ロス時間の1つです。

では、どのような状態になっていれば、誰でも元の場所に戻すことができるでしょうか?

これが姿置き!第5章:整頓(2S)のポイント(前編)-スライド12

そうです、このように形を表示しておいて、同じ形の場所に戻すようにすれば、一目瞭然ですね!
このようにすれば、名前を知らなくても元の場所に戻すことが出来るようになります。

これを「姿置き」と言い、3定管理の代表例になります。

姿置きは、新人や応援者等、誰でも取出し・戻しが出来るようにするための2Sの仕組みです。
是非覚えておきましょう。

姿置きの事例第5章:整頓(2S)のポイント(前編)-スライド13

工具台車や工具掛けの姿置きの事例を紹介します。
この写真の工具台車のように、型をくり抜いておくことで、もとの場所に戻さなければ入らない、あるいは隙間が出来るといった方法があります。

また、こちらの工具掛けのように、工具の形を表示しておき、同じ形の場所に戻すといった方法もあります。
どの方法で姿置きを行なうかは、作業内容や使用頻度、レイアウト等によっても変わってきますので、自職場に合う方法を考えて選定するようにしましょう。

これらの工具台車・工具掛けの姿置きにより、
「工具の紛失にすぐに気付く」「間違った場所に置いた時にすぐに気付く」といった効果があります。
自分の職場でこのような姿置きを活用できないか、検討してみてください。

なお、あくまで姿置きは「迷いや間違いを無くし、効率を高める手段である」ことを忘れないように注意をしましょう。
よくある失敗事例としては、高頻度で使用するにも関わらず、少し離れた工具掛けに毎回置くと言うように、無理なルールをつくってしまい、結局誰もルールを守らなくなるケースです。

手段が目的とならないよう、作業性の変化や効果の検証を忘れないようにしましょう。

こんなことになっていませんか?第5章:整頓(2S)のポイント(前編)-スライド14

この写真を見てください。
あなたの職場の工具台車は、このような状態になってはいませんか?

この状態では、たとえベテランだとしても、間違いなく探すムダは発生します。
また、新人に対しても、これはスパナ、これはメガネレンチ、といったように、イチイチ全ての工具名を教えなければいけなくなります。
当然ながら、単純なことをベテランが教える時間は、ムダの1つです。

名称などの単純なことはパッと見てすぐに分かるようにしておき、勘コツ等の技能に関する部分に対して、教育訓練する時間を増やしていかなければなりません。
従って、3定管理は、教育訓練の視点から見ても非常に重要なのです。

新人でも誰でも分かるように第5章:整頓(2S)のポイント(前編)-スライド15

現在行っている作業は、自分では分かっていても、「新入社員」「他職場からの応援者」「海外からの研修生」等の人達には分かりにくいものはありませんか?

今日から早速、「3定管理」の視点において自職場では問題点がないか見つけてみましょう!

4.第5章 前編まとめ

第5章:整頓(2S)のポイント(前編)-スライド17

第1問、整頓(2S)の定義は何でしょうか。

⇒整頓とは、必要なモノを、必要な時に、誰でも使えるようにすること。
新人でも誰でも探さず・迷わず使えるような状態をつくることがポイントです。

第2問、3定管理とは何でしょうか。

⇒何がの「定品」、どこにの「定位」、いくつの「定量」の3つの“定”を取ったもののことです。
5S活動において、最重要と言われているものの1つですので、確実に覚えるようにしましょう。

第3問、なぜ3定管理が必要なのでしょうか。

⇒「モノの紛失にすぐに気付く」「間違った場所に置いた時にすぐに気付く」「新人でもすぐに取り 出し戻せる」等の効果があるからです。
教育訓練という視点から見ても、3定管理は非常に重要となります。


以上で、「生産革新の為の5S基礎講座 第5章:整頓(2S)のポイント 前編」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。

法人向けサービス:カイゼンベースPlusで、カイゼン講座の全章を学習できます。

「分かり易い内容」「集合研修に最適」「お求め安い価格」と評判!3つのプランからお選び頂けます。

カイゼンベースPlus 法人会員プラン
カイゼンベースPlus コンテンツ個別購入
カイゼンベースPlus 講師派遣

カイゼンベースPlusの紹介ページへ

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 第8章:躾(5S)のポイント 躾(5S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第8章】
  2. 整頓(2S)のポイント(後編)【生産革新の為の5S活動基礎講座:…
  3. 第4章:整理(1S)のポイント 整理(1S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第4章】…
  4. 第6章:清掃(3S)のポイント 清掃(3S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第6章】…
  5. 第1章:5S活動の目的 生産革新の為の5S活動基礎講座【講座ナビ】
  6. 第1章:5S活動の目的 5S活動の目的【生産革新の為の5S活動基礎講座:第1章】
  7. 第3章:5Sの効果について 5Sの効果について【生産革新の為の5S活動基礎講座:第3章】
  8. 第2章:5Sの定義について 5Sの定義について【生産革新の為の5S活動基礎講座:第2章】

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

法人向けサービス:カイゼンベースPlus

PAGE TOP