生産革新の為の5S活動基礎講座

整理(1S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第4章】

法人会員プランバナー

整理の定義とポイント、不要品の基準づくり等の整理を行なう上での進め方を確認し、整理の代表例である赤札作戦の実施方法について解説しています。

第4章:整理(1S)のポイント

◆カイゼン講座:生産革新の為の5S活動基礎講座◆

5S活動は、ただの形式的な活動ではありません。
また、見た目を良くするだけの活動でもありません。

5S活動の本質は、社員の「考え方」や「行動の質」を変え、それによりモノ・設備・業務進捗・情報などの管理レベルの基礎を向上させようとするものです。
それを今一度しっかりと認識することにポイントを置いた講義となっています。

長い間5S活動を行なってきた企業の皆さんは「振り返り・再認識のため」に、これから5S活動に力を入れようとしている企業の皆さんは「正しい方向に向かって活動を進めていくため」に、是非ご覧ください。

第1章:5S活動の目的
第2章:5Sの定義について
第3章:5Sの効果について
第4章:整理(1S)のポイント ⇒ このページはココ
第5章:整頓(2S)のポイント~前編~
第5章:整頓(2S)のポイント~後編~ ※無料一般会員限定
第6章:清掃(3S)のポイント ※無料一般会員限定
第7章:清潔(4S)のポイント ※法人会員限定
第8章:躾(5S)のポイント ※法人会員限定

カイゼンベース(イラスト)

動画講義

1.整理(1S)の定義とポイント

確実に覚えよう!第4章:整理(1S)のポイント-スライド5

では始めに、整理の定義とポイントについて説明していきます。

整理の定義は、もう覚えましたか?聞かれたらすぐに答えられるように完璧に覚えましょう。

整理とは、「必要な物と不要な物を明確に区分し、不要な物を捨てること」です。

整理のポイントは、
「必要なモノと不要なモノの区分が明確になっているか。」
「いつかはどれも必要になるものと思って、とりあえず保管することが常態化していないか。」
の2つです。

「いつか使えるかもしれない」のも分かりますが、それを言い訳に整理が進まない職場になってはいけません。
「迷ったら自分がお金を払ってでもほしいと思わないモノは捨てる」ことが原則です。

判断を先送りにしないように心掛けていきましょう。

2.整理(1S)の進め方

整理の実行サイクル第4章:整理(1S)のポイント-スライド7

では次に、整理の進め方について説明します。

整理の実行サイクルは、
「職場に必要なモノの基準を明確化する」こと。
「不要な物を思い切って捨てる」こと。
「不要なモノが職場に無いか定期チェックする」ことです。

このサイクルを継続的に回していくのが整理の進め方の基本です。
まずは、自分達の職場に不要なモノが何か、誰でも分かるようにすることを第一歩として進めていきましょう。

3.職場に必要なモノの基準を明確化する

職場に必要なモノは何?第4章:整理(1S)のポイント-スライド9

では、「職場に必要なモノの基準を明確化する」とは、一体どのように進めていけばよいのでしょうか。

基本的には、自職場に必要なモノをしっかりと明文化することが必要です。
とは言っても、難しく考える必要はありません。

次のようなイメージで明文化していきましょう。
事例として、工具における判断基準の作成イメージを説明します。

工具は、まずは、使えない・使わないモノと、使うモノに大きく分けられます。
使えない・使わないモノは、「半年以上未使用」 のような基準をつくります。
一方使うモノに関しては、滅多に使わないモノ、時々使うモノ、頻繁に使うモノに分けられます。

滅多に使わないモノに関しては、「月平均で1回未満の使用頻度」
時々使うモノに関しては、「2週に1回程度の使用頻度」
頻繁に使うモノに関しては、「週に1回以上の使用頻度」
というような基準をつくることができます。

ここまで基準をつくることができれば、
使えない・使わないモノに対しては、決裁後、廃棄
滅多に使わないモノに対しては、建屋内1ヶ所に集約管理
時々使うモノに対しては、作業場所近くの工具掛けに保管
頻繁に使うモノに対しては、身に付ける、あるいは作業導線内に保管する

といったような、アクションを決めることができます。
このようなイメージで作成を進めていくようにしましょう。

4.不要な物を思い切って捨てる

思い切りが大切第4章:整理(1S)のポイント-スライド11

不要なモノの基準づくりの次は、「不要な物を思い切って捨てる」ステップに進みましょう。

必要・不要の基準が出来たら、不要と判断されたものは思い切って捨てることが必要です。

不要品を捨てる際には、一時置き場を用意することをオススメします。
これは、「どのくらい不要品が発生したか」を見えるようにすることで、意識付けに繋がるためです。

どれだけムダなモノを購入してしまったかを、現場のリーダー中心にしっかりと認識し、同じムダを発生させないように、しっかりと意識付けをしていきましょう。

不要品の廃棄事例第4章:整理(1S)のポイント-スライド12

ここで、不要なモノの基準づくりを行ない、不要品を廃棄した事例を紹介します。

ある会社で不要品を洗い出してみると、1つの工具台車から不要な工具、備品が大量発生しました。

この写真のように、台車の中には、これだけの不要なモノが眠っていたのです。

基準に沿って整理を進めると、必要な工具は写真に示すものだけでした。
何と、必要なモノの3倍も不要なモノが存在していたことに気付き、本人もとてもびっくりしていたようでした。

このような基準に沿った整理が完了してようやく、次のステップである整頓に着手することができるのです。

5.不要なモノが職場に無いか定期チェックする

定期的なアクションを第4章:整理(1S)のポイント-スライド14

では次に、「不要なモノが職場に無いか定期チェックする」ステップを説明します。

定期的なチェックがなぜ必要なのでしょうか。

それは、乱れた職場を一度整理しても、5Sが定着していない職場では、徐々にまた不要品が増えていき、元の状態に戻ってしまうからです。
そこで、5Sが定着するまでは、5Sリーダー中心に、一定期間置きにパトロールを実施することが必要不可欠です。

そして、定期パトロールの代表的な方法の1つが、赤札作戦です。

6.赤札作戦の実施

赤札!第4章:整理(1S)のポイント-スライド16

では、「赤札作戦の実施」について確認していきましょう。

赤札作戦の実施手順は、次の通りです。

手順1は、赤札プロジェクトの発足です。メンバー、期間や頻度を明確に決めることがポイントです。
メンバーは、現場担当者だけではなく、会社トップ・職場リーダーが必ず入るようにしてください。
客観性を持たせるために、出来る限り、他職場のリーダーも入ることをお勧めします。

手順2は、赤札対象物の決定です。「今月は治工具が対象」 といったように、メリハリを付けて行なうことがポイントです。
中途半端にならず、社員全員の明確なアクションに繋がります。

手順3は、赤札作戦の宣言です。会社・組織のトップ、リーダーが明確に宣言を行なうことがポイントです。
このことにより、社員へ取組みの本気度が伝わる効果があります。

手順4は、赤札・黄札の作成です。「パッと見て一目で赤札だと分かるものを使用すること」がポイントです。
パトロール前に5S委員会や事務局でしっかりと作成しておきましょう。

手順5は、赤札パトロール隊の巡回と赤札の貼付けです。「厳しく判断すること」がポイントです。
判断に迷う場合や、状態がその場で判断出来ないものは厳しく赤札を取り付ける気持ちで行ないましょう。

手順6は、赤札・黄札が貼られたものの処置と評価です。
「赤札・黄札が貼られたものの一覧表を作成し、処置状況を見える化すること」がポイントです。

以上のポイントに留意し、赤札作戦を定期的に実践していきましょう。

赤札の事例第4章:整理(1S)のポイント-スライド17

ここで、赤札の参考例を紹介します。

ここに示しているのが赤札です。
赤札貼付日、貼付者、対応責任者、区分、品名、保管されていた場所、不要品と判断した理由を記載する欄を設けています。

このような赤札の用紙を事前に準備し、対応エリアを巡回しながら貼り付けをしていきます。

黄札?第4章:整理(1S)のポイント-スライド18

黄札についても紹介しましょう。

黄札とは、不要品ではないものの、すぐには必要のない「不急品」に貼り付けるものです。
ジャストインタイムでモノを取り扱うことが大切になっている昨今、それを意識付けさせるために有効な手段となります。
黄札に記載する内容は、赤札の場合と同様です。

なお、注意点としては、赤札・黄札は客観性が必要であることです。
現場担当者だけではなく、各職場のトップが定期的に集まり巡回し、貼付けすることが必要不可欠です。

赤札作戦実施事例第4章:整理(1S)のポイント-スライド19

では最後に、赤札作戦の実施事例を紹介します。

この会社では、このような異常と書いた簡易的な赤札を活用し、現場パトロールを行ないました。
この際、不要物だけでなく、「異常と思われる部分全て」を対象として、ビシバシと赤札を貼り付けしていきました。

巡回では、
・今は不要な番号表示がある
・何に使うか分からない部品がある
・何に使うか分からない段ボールが隙間に放置されている

といったように、沢山の指摘が発生しました。
結果的に、半日のパトロールで、300枚程の赤札を貼り付けることとなり、5Sが停滞していた職場に対して、大きな刺激となったそうです。

あなたの職場でも、赤札や黄札等のツールを活用し、是非問題点の洗い出しを実践してみましょう。

7.第4章まとめ

第4章:整理(1S)のポイント-スライド21

第1問、整理(1S)の定義は何でしょうか。

⇒整理とは、必要な物と不要な物を明確に区分し、不要な物を捨てることです。
ただ捨てるだけではなく、不要品の基準をつくることがポイントです。

第2問、なぜ不要品の定期チェックが必要でしょうか。

⇒なぜならば、乱れた職場を一度整理しても、5Sが定着していない職場では、徐々にまた不要品が増えていってしまうからです。
5Sが定着するまでは、5Sリーダー中心に、一定期間置きにパトロールを実施するようにしましょう。

第3問、赤札作戦は、なぜ現場担当者だけではダメでしょうか。

⇒客観性が必要なためです。赤札・黄札は、各職場のトップが定期的に集まり巡回し、貼付けすることが成功の秘訣です。


以上で、「生産革新の為の5S基礎講座 第4章:整理(1S)のポイント」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。

法人向けサービス:カイゼンベースPlusで、カイゼン講座の全章を学習できます。

「分かり易い内容」「集合研修に最適」「お求め安い価格」と評判!3つのプランからお選び頂けます。

カイゼンベースPlus 法人会員プラン
カイゼンベースPlus コンテンツ個別購入
カイゼンベースPlus 講師派遣

カイゼンベースPlusの紹介ページへ

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 第5章:整頓(2S)のポイント(前編) 整頓(2S)のポイント(前編)【生産革新の為の5S活動基礎講座:…
  2. 第6章:清掃(3S)のポイント 清掃(3S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第6章】…
  3. 第1章:5S活動の目的 生産革新の為の5S活動基礎講座【講座ナビ】
  4. 第3章:5Sの効果について 5Sの効果について【生産革新の為の5S活動基礎講座:第3章】
  5. 第1章:5S活動の目的 5S活動の目的【生産革新の為の5S活動基礎講座:第1章】
  6. 第7章:清潔(4S)のポイント 清潔(4S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第7章】…
  7. 第8章:躾(5S)のポイント 躾(5S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第8章】
  8. 第2章:5Sの定義について 5Sの定義について【生産革新の為の5S活動基礎講座:第2章】

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

法人向けサービス:カイゼンベースPlus

PAGE TOP