生産革新の為の5S活動基礎講座

5Sの定義について【生産革新の為の5S活動基礎講座:第2章】

5Sの一般的な定義、自社流の定義を考える重要性、5Sの対象になる4M(人、設備、材料、方法)、1I(情報)等について解説しています。

第2章:5Sの定義について

◆カイゼン講座:生産革新の為の5S活動基礎講座◆

5S活動は、ただの形式的な活動ではありません。
また、見た目を良くするだけの活動でもありません。

5S活動の本質は、社員の「考え方」や「行動の質」を変え、それによりモノ・設備・業務進捗・情報などの管理レベルの基礎を向上させようとするものです。
それを今一度しっかりと認識することにポイントを置いた講義となっています。

長い間5S活動を行なってきた企業の皆さんは「振り返り・再認識のため」に、これから5S活動に力を入れようとしている企業の皆さんは「正しい方向に向かって活動を進めていくため」に、是非ご覧ください。

第1章:5S活動の目的
第2章:5Sの定義について ⇒ このページはココ
第3章:5Sの効果について
第4章:整理(1S)のポイント
第5章:整頓(2S)のポイント~前編~
第5章:整頓(2S)のポイント~後編~ ※無料一般会員限定
第6章:清掃(3S)のポイント ※無料一般会員限定
第7章:清潔(4S)のポイント ※法人会員限定
第8章:躾(5S)のポイント ※法人会員限定

第2章:5Sの定義について 目次

  1. 5Sの一般的な定義
  2. 自社流の定義を考えよう
  3. 5Sの対象になるもの
  4. 第2章まとめ

動画講義

学習スタート!

目次第2章:5Sの定義について-スライド3

本講義では、次の4項で学習していきます。

1.5Sの一般的な定義
2.自社流の定義を考えよう
3.5Sの対象になるもの
4.第2章まとめ

1.5Sの一般的な定義

定義は確実に覚える第2章:5Sの定義について-スライド5

5Sという言葉は、整理、整頓、清掃、清潔、躾をローマ字読みした際の頭文字の「S」を取ったものです。
それぞれの一般的な定義を説明していきます。

整理とは、「必要なモノと不要なモノを明確に区分し、不要な物を捨てること」 です。
「区分をする」という部分がポイントです。
「1Sする」というのは、一般的に、「整理をする」という意味で使います。

整頓とは、「必要なモノを、必要な時に、誰でも使えるようにすること」です。
「誰でも」という部分がポイントです。
「2Sする」というのは、一般的に、「整理整頓をする」という意味で使います。

清掃とは、「2Sされた職場をキレイに維持し、点検により異常に気付くこと」です。
「気付く」と言う部分がポイントです。
「3Sする」というのは、一般的に、「整理整頓に加え、清掃まで行なう」という意味で使います。
なお、掃除と清掃を間違わないようにしましょう。

清潔とは、「3Sが維持管理できる仕組みをつくり、職場を正常状態に保つこと」です。
「維持管理」という部分がポイントです。
「4Sする」というのは、一般的に、「3Sをただ行なうだけでなく、仕組みづくりまで行なう」という意味で使います。

躾とは、「ルールを守り、自主自律的に5Sを推進できる人材を育成すること」です。
「自主自律」という部分がポイントです。
「5Sする」というのは、「5Sに関わることを行なう。」「4Sに加えて躾まで行なう。」という意味で使います。

以上のことからもお分かりのように、5S活動は単なる職場の美化活動ではありません。
キレイにするだけでなく、仕組みづくりや人材育成まで含めた活動なのです。

2.自社流の定義を考えよう

定義は自分達の言葉で第2章:5Sの定義について-スライド7

5Sの定義は、本に載っているものをそのまま使うのではなく、“自社流にアレンジ”し、会社、職場の想いを吹き込むようにしましょう。

例えば、ある食品会社では、5Sの定義を次のようにアレンジしました。

清掃は、「清掃、洗浄、殺菌により職場の微生物が基準以下の状態を維持すること」と定義し、
清潔は、「3Sが維持出来る仕組みをつくり、微生物レベルで職場をキレイに保つこと」と定義しました。
これは、「自分達の工場では、食品を扱っている」という意識を強く持つことを狙いとし、微生物という圧倒的なレベルでキレイな職場にしようという想いが込められています。

5Sの定義の事例第2章:5Sの定義について-スライド8

もう1つ、ある組立工場における定義の事例を紹介します。

この会社では、5S活動を発展させ、7S活動として取り組んでおり、大きな成果を上げています。
それぞれの定義について説明します。

整理 「何が不要か誰でもすぐに判断できる職場をつくる。」
これは、不要と判断できないから不要物が溜まってしまう、という風習を打破したい、という想いが込められています。

整頓 「新人でも研修生でも迷わず働ける職場をつくる。」
この会社では、外国人研修生も多数在籍しており、日本語が十分に分からない人でも、迷わず作業ができるようにしたい、という想いが込められています。

清掃 「こまめな清掃で異常がすぐに気付く職場をつくる。」
これは、異常は現場の作業者が率先して見つける意識を高めたい、という想いが込められています。

清潔 「徹底的な仕組み化により、乱れない・汚れない職場をつくる。」
これは、なぜ乱れたり、汚れたりしてしまうのか、深掘りをする意識を高めてほしい、という想いが込められています。

躾 「社員全員が7Sを理解し説明できる職場をつくる。」
これは、一部社員だけでなく、全員が同じ目線で7Sに関する会話ができるように、という想いが込められています。

安全(セーフティー) 「ヒヤリハットが一切発生しない職場をつくる。」
これは、5S状態は安全にも直結することを意識させるために、追加した定義です。

笑顔(スマイル) 「苦しい時こそ笑顔で改善を進める職場風土をつくる。」
これは、職場の雰囲気が明るくなるように笑顔を意識して欲しい、という想いが込められています。

本気で5S活動を行なっている会社では、定義1つを取っても、しっかりと自分達の想いが入っています。
あなたの会社・職場では定義は決まっていますか?トップを初め、自分達の想いが込められたものになっていますか?

今一度、振り返ってみましょう。

ページ:

1

2
カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 第1章:5S活動の目的 5S活動の目的【生産革新の為の5S活動基礎講座:第1章】
  2. 第8章:躾(5S)のポイント 躾(5S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第8章】
  3. 第3章:5Sの効果について 5Sの効果について【生産革新の為の5S活動基礎講座:第3章】
  4. 第7章:清潔(4S)のポイント 清潔(4S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第7章】…
  5. 第4章:整理(1S)のポイント 整理(1S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第4章】…
  6. 第5章:整頓(2S)のポイント(前編) 整頓(2S)のポイント(前編)【生産革新の為の5S活動基礎講座:…
  7. 第6章:清掃(3S)のポイント 清掃(3S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第6章】…
  8. 第1章:5S活動の目的 生産革新の為の5S活動基礎講座【講座ナビ】

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP