第2章:5Sの定義について

5Sの定義について【生産革新の為の5S活動基礎講座:第2章】

生産革新の為の5S活動基礎講座「第2章:5Sの定義について」の学習ページです。第2章では、5Sの一般的な定義、自社流の定義を考える重要性、5Sの対象になる4M(人、設備、材料、方法)、1I(情報)等について解説しています。

講座ナビ
第1章:5S活動の目的
第2章:5Sの定義について ⇒ このページはココ
第3章:5Sの効果について
第4章:整理(1S)のポイント ※無料会員以上限定
第5章:整頓(2S)のポイント~前編~ ※無料会員以上限定
第5章:整頓(2S)のポイント~後編~ ※法人会員限定
第6章:清掃(3S)のポイント ※法人会員限定
第7章:清潔(4S)のポイント ※法人会員限定
第8章:躾(5S)のポイント ※法人会員限定

カイゼンベースの無料会員登録

USBキャンペーン

「5Sの定義について」動画講義


USBキャンペーン

「5Sの定義について」スライド講義

1.5Sの一般的な定義

定義は確実に覚える

5Sという言葉は、整理、整頓、清掃、清潔、躾をローマ字読みした際の頭文字の「S」を取ったものです。
それぞれの一般的な定義を説明していきます。

整理とは、「必要なモノと不要なモノを明確に区分し、不要な物を捨てること」 です。
「区分をする」という部分がポイントです。
「1Sする」というのは、一般的に、「整理をする」という意味で使います。

整頓とは、「必要なモノを、必要な時に、誰でも使えるようにすること」です。
「誰でも」という部分がポイントです。
「2Sする」というのは、一般的に、「整理整頓をする」という意味で使います。

清掃とは、「2Sされた職場をキレイに維持し、点検により異常に気付くこと」です。
「気付く」と言う部分がポイントです。
「3Sする」というのは、一般的に、「整理整頓に加え、清掃まで行なう」という意味で使います。
なお、掃除と清掃を間違わないようにしましょう。

清潔とは、「3Sが維持管理できる仕組みをつくり、職場を正常状態に保つこと」です。
「維持管理」という部分がポイントです。
「4Sする」というのは、一般的に、「3Sをただ行なうだけでなく、仕組みづくりまで行なう」という意味で使います。

躾とは、「ルールを守り、自主自律的に5Sを推進できる人材を育成すること」です。
「自主自律」という部分がポイントです。
「5Sする」というのは、「5Sに関わることを行なう。」「4Sに加えて躾まで行なう。」という意味で使います。

以上のことからもお分かりのように、5S活動は単なる職場の美化活動ではありません。
キレイにするだけでなく、仕組みづくりや人材育成まで含めた活動なのです。

第2章:5Sの定義について-スライド5

2.自社流の定義を考えよう

定義は自分達の言葉で

5Sの定義は、本に載っているものをそのまま使うのではなく、“自社流にアレンジ”し、会社、職場の想いを吹き込むようにしましょう。

例えば、ある食品会社では、5Sの定義を次のようにアレンジしました。

清掃は、「清掃、洗浄、殺菌により職場の微生物が基準以下の状態を維持すること」と定義し、
清潔は、「3Sが維持出来る仕組みをつくり、微生物レベルで職場をキレイに保つこと」と定義しました。
これは、「自分達の工場では、食品を扱っている」という意識を強く持つことを狙いとし、微生物という圧倒的なレベルでキレイな職場にしようという想いが込められています。

第2章:5Sの定義について-スライド7

5Sの定義の事例

もう1つ、ある組立工場における定義の事例を紹介します。

この会社では、5S活動を発展させ、7S活動として取り組んでおり、大きな成果を上げています。
それぞれの定義について説明します。

整理 「何が不要か誰でもすぐに判断できる職場をつくる。」
これは、不要と判断できないから不要物が溜まってしまう、という風習を打破したい、という想いが込められています。

整頓 「新人でも研修生でも迷わず働ける職場をつくる。」
この会社では、外国人研修生も多数在籍しており、日本語が十分に分からない人でも、迷わず作業ができるようにしたい、という想いが込められています。

清掃 「こまめな清掃で異常がすぐに気付く職場をつくる。」
これは、異常は現場の作業者が率先して見つける意識を高めたい、という想いが込められています。

清潔 「徹底的な仕組み化により、乱れない・汚れない職場をつくる。」
これは、なぜ乱れたり、汚れたりしてしまうのか、深掘りをする意識を高めてほしい、という想いが込められています。

躾 「社員全員が7Sを理解し説明できる職場をつくる。」
これは、一部社員だけでなく、全員が同じ目線で7Sに関する会話ができるように、という想いが込められています。

安全(セーフティー) 「ヒヤリハットが一切発生しない職場をつくる。」
これは、5S状態は安全にも直結することを意識させるために、追加した定義です。

笑顔(スマイル) 「苦しい時こそ笑顔で改善を進める職場風土をつくる。」
これは、職場の雰囲気が明るくなるように笑顔を意識して欲しい、という想いが込められています。

本気で5S活動を行なっている会社では、定義1つを取っても、しっかりと自分達の想いが入っています。
あなたの会社・職場では定義は決まっていますか?トップを初め、自分達の想いが込められたものになっていますか?

今一度、振り返ってみましょう。

第2章:5Sの定義について-スライド8

3.5Sの対象になるもの

4Mと1I

5Sの対象になるものは何か、4Mと1Iの視点で確認していきましょう。

4Mとは、人 Man、モノ Material、設備 Machine、作業方法 Methodの視点のことです。

人 Manに関しては、「挨拶の習慣付け」「ルール遵守の習慣付け」「5Sに対する意識付け」等が対象になります。

モノ Materialに関しては、「備品、治工具、台車」「製品、仕掛品、原材料」等が対象になります。

設備 Machineに関しては、「機械、設備、運搬車両」「パソコン、電話機」等が対象になります。

作業方法 Methodに関しては、「各作業の手順書、処理業務の方法」「行っている業務自体」「ルール、判定基準」等が対象になります。

これらのポイントは、モノや設備だけでなく、習慣付け等の人に関することや、その業務自体、手順・判定基準などの作業方法に関することも対象になるということです。

また、情報 Informationの視点からも、「パソコン内のデータ」「稼働データ、顧客情報」「記録表」等も5Sの対象になります。

もうお分かりだと思いますが、5Sは会社で行なう全ての仕事に関係しているのです。

第2章:5Sの定義について-スライド10
USBキャンペーン

4.第2章まとめ

第1問、清潔の定義は何でしょうか。
3Sが維持管理できる仕組みをつくり、職場を正常状態に保つこと。これが清潔の定義です。
第2問、5S活動は、どのような姿勢で進めていく必要があるでしょうか。
やらされ感で活動するのではなく、会社や職場の想いを吹き込み、自律的な活動を行なうことが必要です。
自分達の言葉で定義を決めたりルールを決めたりすることで、自社流の5S活動を推進していきましょう。
第3問、5Sの対象は、人・モノ・設備と後は何でしょうか。
作業方法と情報です。5Sは、モノの置き方だけでなく、会社で行なう全ての仕事が関係します。
業務の土台は5Sです。自主自律的な5S活動を推進することで、強い会社へ変革していきましょう!
第2章:5Sの定義について-スライド12

以上で、「生産革新の為の5S基礎講座 第2章.5Sの定義について」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。

工場改革を推し進めていく際には、5S活動を継続的に行ない生産活動の土台を構築することが重要です。「生産革新の為の5S活動基礎講座 」では、5S活動の本質を今一度しっかりと認識することにポイントを置いて解説をしています。ただの見た目を良くするだけの形式的な活動ではなく、生産革新を成功させる為の5S活動の基本を学習することが出来ます。

講座ナビ
第1章:5S活動の目的
第2章:5Sの定義について ⇒ このページはココ
第3章:5Sの効果について
第4章:整理(1S)のポイント ※無料会員以上限定
第5章:整頓(2S)のポイント~前編~ ※無料会員以上限定
第5章:整頓(2S)のポイント~後編~ ※法人会員限定
第6章:清掃(3S)のポイント ※法人会員限定
第7章:清潔(4S)のポイント ※法人会員限定
第8章:躾(5S)のポイント ※法人会員限定

カイゼン講座一覧のページへ戻る

カイゼンベースの法人向けサービス

 
カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG