改善全般/生産/物流

第1章:5S活動の目的

5S活動の目的【生産革新の為の5S活動基礎講座:第1章】

生産革新においては、5S力は非常に重要な土台となります。このページでは、儲け続ける強い会社の共通点、5Sが定着している職場の特徴、5S活動の本質は何かについて解説しています。

◆カイゼン講座:生産革新の為の5S活動基礎講座◆

5S活動は、見た目を良くするだけの活動でもありません。
5S活動の本質は、社員の「考え方」や「行動の質」を変え、それによりモノ・設備・業務進捗・情報などの管理レベルの基礎を向上させようとするものです。
長い間5S活動を行なってきた企業の皆さんは「振り返り・再認識のため」に、これから5S活動に力を入れようとしている企業の皆さんは「正しい方向に向かって活動を進めていくため」に学習を進めていきましょう。

第1章:5S活動の目的 ⇒ このページはココ
第2章:5Sの定義について
第3章:5Sの効果について
第4章:整理(1S)のポイント ※無料会員限定
第5章:整頓(2S)のポイント~前編~ ※無料会員限定
第5章:整頓(2S)のポイント~後編~ ※法人会員限定
第6章:清掃(3S)のポイント ※法人会員限定
第7章:清潔(4S)のポイント ※法人会員限定
第8章:躾(5S)のポイント ※法人会員限定

カイゼンベース(イラスト)

カイゼンベースの無料会員登録

動画講義


1.儲け続ける強い会社の共通点

工場の利益と製造基礎力第1章:5S活動の目的-スライド5

まずは、「儲け続ける強い会社の共通点」について説明します。

「儲け続ける強い会社」、つまり「ムダの少ない会社」には、必ずと言っていい程、ある共通点があります。
それは、「管理のベースに5Sがしっかりと定着している。」ということです。

真ん中のピラミッドを見てみましょう。
企業は次のような順番で会社の利益に繋がっていきます。

まず、作業手順や業務の決め事等、守るべきルールが明確になっていること。
そして、守るべきルールを守る習慣が出来ていること。
そして、新人でも誰でも 同じように仕事をすることが出来ること。
そして、ムダが無く、常に改善が進んでいること。
そのことにより、達成感のある職場であること。

これらのことが、会社の利益に繋がっていきます。この中で、特に土台の部分は、5Sをはじめとする「製造基礎力」です。
この土台がどのくらいしっかりとしているかで、企業の利益の大きさが、変化すると言っても過言ではありません。

儲け続ける強い会社へ第1章:5S活動の目的-スライド6

なお、5S活動では、ムダやロス、ミスが削減されていくプロセスを通じ、社員に信頼感・達成感が共有され、良き企業風土の醸成が期待できます。
今一度、5Sへの意識改革により「儲け続ける強い会社」への変革を目指していきましょう!

2.5Sが定着している職場の特徴

簡易版5S定着度チェック項目第1章:5S活動の目的-スライド8

では、次に、「5Sが定着している職場の特徴」について説明します。

それでは、5Sが定着している会社には、どのような特徴があるのか、簡易版の5S定着度チェック項目を使い、確認していきましょう。
あなたの職場では、何個当てはまるか、考えてみてください。

① モノの状態、計画や進捗が誰でも一目で分かる。
② 職場の清掃が行き届き清潔感がある。
③ 社員が5Sを守れる仕組みがある。
④ 社員に活気があり、明るい。
⑤ 5Sの定義を全社員が説明できる。
⑥ 定期的に5Sのイベントを行なっている。

いかがでしょうか。あなたの職場では、どのくらい特徴が当てはまっていましたか?
1個でもバツが出たら、要注意。今すぐ5Sへの意識改革が必要です。

3.5S活動の本質とは

形式的な活動にしてはいけません第1章:5S活動の目的-スライド10

では、次に、「5S活動の本質とは」について説明します。

5S活動において注意したいことは、活動を形式的なものにせず、本質的な活動にしていかなければいけない、ということです。
言うまでもなく、ただの形式上の5S活動では、ムダも無くならず、会社の利益に繋がることもありません。

5S活動がうまくいっていない職場では、次のような言い訳が沢山出てきます。
5Sは収益改善に結びつかないから、怒られないくらいにやっておけばいいや。
5Sをやると余計な時間が発生するから、忙しい時は業務を優先しよう。
物の置き場は自分が理解していれば十分。これ以上管理をする必要はない。

これらの発言は、完全に間違いです。
これらのような発言が出てくる職場では、社員は5S活動を形式上のもの、あるいは、やらされている活動と認識している可能性があります。

5S活動の本質第1章:5S活動の目的-スライド11

あくまでも5S活動の本質は、
社員の“考え方”や“行動の質”を変え、それによりモノ・設備・業務進捗・情報等の管理レベルの基礎を向上させることで、社員がイキイキと仕事ができ、それが会社収益の向上に繋がる事です。

5Sは業務の一部第1章:5S活動の目的-スライド12

5Sは業務の一部です。「忙しいから業務を優先する」、という発想自体がナンセンスであることを、しっかりと認識するようにしましょう。

そして、全員参加で儲ける5Sを推進していきましょう!

4.第1章まとめ

第1章:5S活動の目的-スライド14

第1問、企業において5Sは、何の土台になるでしょうか。

⇒5Sは、儲け続ける強い会社になるための土台です。たかが5Sと言わずに、真剣に取り組むようにしましょう。

第2問、5S活動により、どんな職場をつくる必要があるでしょうか。

⇒明るく、企業風土が良く、管理状態が一目で分かる職場をつくっていきましょう。

第3問、5S活動では、社員の考え方や行動の質を変えることで、何のレベルを上げることを目指していくでしょうか。

⇒モノ・設備・業務進捗・情報等の管理レベルの基礎を向上させることを狙います。
以上を踏まえ、本質をしっかりと理解した本気の5S活動を行ない、強い会社へ変革していきましょう!


以上で、「生産革新の為の5S基礎講座 第1章:5S活動の目的」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。

◆カイゼン講座:生産革新の為の5S活動基礎講座◆

5S活動は、見た目を良くするだけの活動でもありません。
5S活動の本質は、社員の「考え方」や「行動の質」を変え、それによりモノ・設備・業務進捗・情報などの管理レベルの基礎を向上させようとするものです。
長い間5S活動を行なってきた企業の皆さんは「振り返り・再認識のため」に、これから5S活動に力を入れようとしている企業の皆さんは「正しい方向に向かって活動を進めていくため」に学習を進めていきましょう。

第1章:5S活動の目的 ⇒ このページはココ
第2章:5Sの定義について
第3章:5Sの効果について
第4章:整理(1S)のポイント ※無料会員限定
第5章:整頓(2S)のポイント~前編~ ※無料会員限定
第5章:整頓(2S)のポイント~後編~ ※法人会員限定
第6章:清掃(3S)のポイント ※法人会員限定
第7章:清潔(4S)のポイント ※法人会員限定
第8章:躾(5S)のポイント ※法人会員限定


法人向けサービス:カイゼンベースPlusで、カイゼン講座の全章を学習できます。

「分かり易い内容」「集合研修に最適」「お求め安い価格」と評判!3つのプランからお選び頂けます。

カイゼンベースPlus 法人会員プラン
カイゼンベースPlus コンテンツ個別購入
カイゼンベースPlus 講師派遣

詳細はこちら

カイゼンベースの無料会員登録
講座を監修している専門家に企業内研修の講師を依頼しませんか?

企業内研修では、ワークショップ形式での学習や、
より具体的な実例による実践型の学習が可能です。

パンフレットを見る

お問い合わせ

企業内研修に講師を呼ぼう!

関連記事

  1. 第4章:整理(1S)のポイント

    整理(1S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第4章】

  2. 第1章:5S活動の目的

    生産革新の為の5S活動基礎講座【講座ナビ】

  3. 第8章:躾(5S)のポイント

    躾(5S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第8章】

  4. 整頓(2S)のポイント(後編)【生産革新の為の5S活動基礎講座:第5章…

  5. 第7章:清潔(4S)のポイント

    清潔(4S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第7章】

  6. 第2章:5Sの定義について

    5Sの定義について【生産革新の為の5S活動基礎講座:第2章】

会員情報

カイゼンベースの無料会員登録

ログイン


カテゴリー

提携コンサルタント募集

カイゼンベースの公開セミナー情報

カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス





PAGE TOP

実務で使えるツール集

【メルマガ】2018年8月28日号:QC7つ道具学習の決定版!新作リリース

メルマガ

品質/統計/安全/環境

実務で活用!QC7つ道具の使い方【講座ナビ】

第1章:QC7つ道具とは

品質/統計/安全/環境

管理図とは【実務で活用!QC7つ道具の使い方:第8章】

第8章:管理図とは

品質/統計/安全/環境

チェックシートとは【実務で活用!QC7つ道具の使い方:第7章】

第7章:チェックシートとは

品質/統計/安全/環境

散布図とは【実務で活用!QC7つ道具の使い方:第6章】

第6章:散布図とは