生産革新の為の5S活動基礎講座

生産革新の為の5S活動基礎講座【講座ナビ】

「生産革新の為の5S活動基礎講座 」では、5S活動の本質を今一度しっかりと認識することにポイントを置いて解説をしています。
ただの見た目を良くするだけの形式的な活動ではなく、生産革新を成功させる為の5S活動の基本を学習することが出来ます。

講座の構成・学習の狙い

5S活動は、ただの形式的な活動ではありません。
また、見た目を良くするだけの活動でもありません。
生産革新においては、5S力は非常に重要な土台となります。

5S活動の本質は、社員の「考え方」や「行動の質」を変え、それによりモノ・設備・業務進捗・情報などの管理レベルの基礎を向上させようとするものです。
それを今一度しっかりと認識することにポイントを置いた講義となっています。

長い間5S活動を行なってきた企業の皆さんは「振り返り・再認識のため」に、これから5S活動に力を入れようとしている企業の皆さんは「正しい方向に向かって活動を進めていくため」に、是非ご覧ください。

第1章:5S活動の目的
第2章:5Sの定義について
第3章:5Sの効果について
第4章:整理(1S)のポイント
第5章:整頓(2S)のポイント
第6章:清掃(3S)のポイント
第7章:清潔(4S)のポイント
第8章:躾(5S)のポイント

第1章:5S活動の目的

「儲け続ける強い会社」、つまり「ムダの少ない会社」には、必ずと言っていい程、ある共通点があります。
第1章では、5S活動は何の為に必要なのか、目的について学習をしていきます。

◆目次◆
1.儲け続ける強い会社の共通点とは?5Sが定着している職場の特徴とは?
2.5S活動の本質って何だろう?
3.5S活動の目的のまとめ

第2章:5Sの定義について

5S活動を行なっていくにあたっては、5Sの定義について、しっかりと説明できることが最低条件です。
第2章では、例えば、「清潔とは何のことですか?」と聞かれた時に、すぐ明確に答えれるように確実に定義を覚えていきます。

◆目次◆
1.5Sの一般的な定義
2.自社流の定義を考えよう
3.5Sの対象

第3章:5Sの効果について

5Sが徹底されている職場とそうでない職場では、職場レベルに大きな差が発生します。
第3章では、5Sは安全、品質、生産性と、どのような関係があるのか、学習していきます。

◆目次◆
1.5S不足により発生する各種のムダ
2.5Sと安全の関係
3.5Sと品質の関係
4.5Sと生産性の関係

第4章:整理(1S)のポイント

第4章では、整理の定義とポイント、進め方を確認し、整理の代表例である赤札作戦についても学んでいきます。

◆目次◆
1.整理(1S)の定義とポイント
2.整理(1S)の進め方
3.職場に必要なモノの基準を明確化する
4.不要な物を思い切って捨てる
5.不要なモノが職場に無いか定期チェックする
6.赤札作戦の実施

第5章:整頓(2S)のポイント

第5章では、整頓の定義を確認し、整頓を進めていく上でのポイントについて学習します。
第5章前編では、特に5S活動の中で最重要である3定管理について詳しく学んでいきましょう。
第5章後編では、ロケーション管理、あるべき姿カード、立て看板等を活用した置き場管理について学んでいきましょう。
※第5章は、無料会員限定で公開中です。※会員登録(無料)はこちらから

◆目次◆
1.整頓(2S)の定義とポイント
2.整頓のポイント「3定管理」
3.3定管理の必要性を体験しよう
4.ロケーション管理の基本
5.あるべき姿カードを使った3定管理
6.立て看板を活用した置き場管理
7.その他の整頓のポイント

第6章:清掃(3S)のポイント

第6章では、清掃の定義を確認し、清掃を進めていく上でのポイントについて学習します。
清掃は、ただ掃除をするだけではなく、保全まで含めた活動であることを確実に学びましょう。
※第6章は、無料会員限定で公開中です。※会員登録(無料)はこちらから

◆目次◆
1.清掃(3S)の定義とポイント
2.なぜ清掃が必要か?
3.清掃の3つのステップ
4.Step1 日常清掃
5.Step2 清掃点検、Step3 清掃保全

第7章:清潔(4S)のポイント

清潔は、活動が後戻りしないための大事なフェーズです。
第7章では、「予防、維持管理の仕組み」というキーワードを中心に学習を進めていきます。
※第7章は、カイゼンベースPlusサービスで配信中です。※詳しくはこちらから

◆目次◆
1.清潔(4S)の定義とポイント
2.予防整理,予防整頓,予防清掃
3.5S委員会の設置
4.5S統一基準の作成
5.5Sチェックリスト作成
6.5Sパトロール実施
7.5Sレベルの見える化

第8章:躾(5S)のポイント

5Sは躾に始まり、躾に終わると言われます。
職場をキレイに維持するのも、そして乱すのも人です。
第8章では、人が5Sを維持管理するために、どのような意識付けや取組みを行なっていかなければいけないか、学習していきます。
※第8章は、カイゼンベースPlusサービスで配信中です。※詳しくはこちらから

◆目次◆
1.躾(5S)の定義とポイント
2.躾の基本は叱ること
3.5Sスローガン決め
4.5S新聞、ポスター等を活用
5.5S月間、5Sの日の設定
6.5S教育の実施・意識付け
7.5S発表会等の交流の場
8.管理者が意識すべきこと

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 第6章:清掃(3S)のポイント 清掃(3S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第6章】…
  2. 第7章:清潔(4S)のポイント 清潔(4S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第7章】…
  3. 整頓(2S)のポイント(後編)【生産革新の為の5S活動基礎講座:…
  4. 第3章:5Sの効果について 5Sの効果について【生産革新の為の5S活動基礎講座:第3章】
  5. 第1章:5S活動の目的 5S活動の目的【生産革新の為の5S活動基礎講座:第1章】
  6. 第4章:整理(1S)のポイント 整理(1S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第4章】…
  7. 第8章:躾(5S)のポイント 躾(5S)のポイント【生産革新の為の5S活動基礎講座:第8章】
  8. 第2章:5Sの定義について 5Sの定義について【生産革新の為の5S活動基礎講座:第2章】

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP