実務で使えるツール集

4Mとは(カイゼン用語)

4Mとは【カイゼン用語】

4M(よんえむ)とは

4Mとは、物事を人(Man)の原因、機械(Machine)の原因、材料(Material)の原因、方法(Method)の4つの視点で考える方法です。
アルファベットの頭文字を取って、4Mと名付けられています。

この4M視点を使い、問題の要因等を整理することで、偏りや抜けのない洗い出しが可能となります。

4Mとは(カイゼン用語)

4つのMにおける視点は下記の通りです。

人の視点
スキル不足、ヒューマンエラーとしてのポカミスが原因ではないか等

機械(設備やシステム)の視点
トラブルや故障、設備の能力不足、劣化が原因ではないか等

モノや材料の視点
特性のバラツキ、周囲環境の変化による影響、材料や部品そのものの欠陥、部品同士などモノとモノの不整合が原因ではないか等

方法の視点
作業方法の抜けや作業手順の間違いが原因ではないか等の視点

以上のような視点で関係要因の洗い出しを進めていくと、製造現場では大抵の場合、抜けモレを無くすことが出来ます。

なお、なぜなぜ分析などの際に真の原因を突き止めるには、4M視点で洗い出した内容に対して、必ず裏付けをとることが必要です。
洗い出された要因それぞれに対して、現地現物での調査や特性値との関係をデータで検証しながら評価を行ないます。

裏付け調査では、その原因による問題発生が、理論的に成り立つのかを、複数の人に見てもらって客観的に評価したり、科学的分析を行ったりします。再現テストなども有効な手段の1つです。

このPowerPointスライドをダウンロードできます!

社内教育や発表資料作成における作業効率化等に、是非ご活用ください。
ファイル形式:PowerPoint

利用規約に同意してダウンロードする。法人会員アドバンスの方はココにダウンロードボタンが表示されます。
ダウンロードサービスは、カイゼンベースの法人会員アドバンス限定機能です。法人会員アドバンスの方がログインした際に、ダウンロードボタンが表示されます。
ご興味のある方は、是非この機会に法人会員アドバンスプランをご検討ください。

法人会員プランの詳細はこちら

ダウンロードした資料につきましては、コンテンツ利用規約に同意の上、ご利用くださいますようお願い致します。
◆例えば、下記の行為は禁止となります(利用規約を一部抜粋)
・本コンテンツを利用してのコンサルティング業務をする行為
・利益享受または販売を目的として利用(販売やWEBサイトへの掲載等)をする行為
・二次的著作物を制作し第三者に配布する行為
・弊社または第三者の財産、名誉、プライバシー等を侵害する行為
◆その他、詳細につきましては、コンテンツ利用規約をご確認ください。

関連講座はこちらから

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!





カイゼン用語一覧へ戻る

関連記事

  1. 情報のジャストインタイムとは(カイゼン用語)

    情報のジャストインタイムとは【カイゼン用語】

  2. カイゼン用語集

    棒グラフとは

  3. 認知的葛藤とは(カイゼン用語)

    認知的葛藤とは【カイゼン用語】

  4. カイゼン用語集

    トヨタ生産方式の基本思想とは

  5. 経営の三要素とは

    経営の三要素とは【カイゼン用語】

  6. カイゼン用語集

    品質保証とは

会員情報

カイゼンベースの無料会員登録

ログイン


カテゴリー

提携コンサルタント募集

カイゼンベースの公開セミナー情報

カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス





PAGE TOP

実務で使えるツール集

【メルマガ】2018年7月26日号:教育・研修の効果はどう測定する?

メルマガ

能力育成/マネジメント

社員教育・研修の効果測定の方法 ~カークパトリックのレベル4~

品質/統計/安全/環境

現場における基本ルールと安心安全な職場環境づくり【講座ナビ】

品質/統計/安全/環境

特に大事な現場ルール10選【現場ルールと安心安全な職場環境:第4章】

品質/統計/安全/環境

“止める・呼ぶ・待つ”の徹底【現場ルールと安心安全な職場環境:第3章】